May 7, 2018

Oni to Kami


フリーダとディエゴのコレクションを見てメキシコにも2本の角を持つ鬼に似たDiablo(悪魔)やJudas(ユダ)なるものが存在することを知った。このユダ(裏切り者)と悪魔はセマナ・サンタ(イースター)祭では巨大な張り子(パペルマチェ)で作られ、祭りの最終日に燃やされるらしい。(映画の「フリーダ」にも角のある人間ほどの大きな張り子を抱えてるシーンがあったが、あれがユダか悪魔のどちらかだったのだろう。)面白いのはこれらの張り子は燃やされるばかりではなくフォークアートとして評価される一面も持ち合わせている事で、そういった意味でも日本の鬼と共通する部分が多い。

日本で鬼というと赤鬼や青鬼を思い浮かべるが、我が家にはそんなイメージとは少々異なる鬼がいる。


黒々と広がる羽のように目の周りを覆う眉毛、大きな鼻と口と牙、更には角張った大きな顎には隈取りのように赤と黒の線が描かれ、その顔つきは威圧的で迫力満点だ。が、頭部に目を向けてみるとそこには赤と黒のポップなドット柄が配されていて、怖がるべきか微笑むべきかなんとも不思議な気分になる。


インパクトのある表情を頼りに正体を調べてみると、これは備中神楽で使用される建御名方神(たけみなかたのかみ)の面であり、建御名方神とは古事記の「国譲り」神話に登場する大国主神の子の一人である。
ちなみにその父親の大国主神というのは因幡の白兎に出てくる「だいこくさま」の事で、かの出雲大社の祭神でもある。ところが調べてみるとこの呼び名については複雑な部分があるらしく、出雲大社のH.P.にも大国主神は”だいこくさま”とも呼ばれる神ではあるが仏教からきた”大黒天”とは「正確には別の神様」だとわざわざ説明されている。確かに神道と仏道は異なるものなので正確に同じ神様とはならないのだろうけど、実際には神仏習合して大国主神と大黒天が同一視される事も多いようだ。
更には同じ国譲りに登場する事代主神(ことしろぬしのかみ)も大国主神の子であり、神話の中で漁に出ていた事から釣り竿と鯛を持つ漁業の神”えびすさま”と同一視される事も多いらしい。よって、だいこく様を大国主神、えびす様を事代主神として祀っている神社も実際に存在している。(えびす様を少彦名命とすることもあるらしい)
ここである何かに気づいてしまった。そうなのだ、事代主神=えびす様、大国主神=だいこく様と考えると「コンビ」だと信じて疑わなかった大黒天と恵比寿天は「親子」だという事になる・・・。



衝撃の結果はさておき建御名方神の面を詳しく見てみると、どのアングルから見ても確かに迫力満点なのだが同時にその表情にはどこかしら愛嬌がある。備中神楽で使用される他の面も表情は様々だが、こんなにも派手なのは建御名方神だけのようだ。なぜ一人だけこんなにも派手なのか、なぜ縞と水玉なのか(水玉のない建御名方神面もある)、知れば知るほどに次から次へと疑問が湧いてくる。そして中でも最大の疑問は、どうして建御名方「神」なのに鬼の面なのかという事。
秋田のなまはげのように来訪「神」でありながら「鬼」の容姿であったり(これにも諸説あるようだ)、風神雷神など「神」と「鬼」が密接に関わっている事は意外と多い。だがこれらにも様々な見解があるようで簡単には知りたい答えに辿り着きそうにもない。来年の事でも鬼に笑われてしまうけど、いつかこれらの課題に自分なりの解釈を見つけたいと思う。


Mar 19, 2018

Diego, Frida and Mexico

フリーダ・カーロといえば次に思い浮かぶのはディエゴ・リベラだ。我が家には彼らの作品集では無く、彼らの「蒐集品」の図版がある。『La colección de arte popular del Museo Estudio Diego Rivera y Frida Kahlo』


Books & Thingsで購入した当初は出版元が美術館と聞いて、てっきりフリーダのブルーハウス(Museo Frida Kahlo)の事だと思い込んでいた。
が、後でじっくり表紙を見てみるとブルーハウスではなくサンアンヘルにあるMuseo Casa Estudio Diego Rivera y Frida Kahloだった、初耳だ。早速調べてみると、その名の通りフリーダ・カーロとディエゴ・リベラのアトリエ兼自宅だった所で1932年に完成している。設計はメキシコ国立自治大学の中央図書館のあの巨大な壁画を担当したファン・オゴルマンで、1905年生まれのオゴルマンにとっては27歳前後で手掛けた作品であり、中央図書館の完成が1954年頃なのを考えると2人はとても早い段階で彼の才能を見出していた事になる。


残念ながらこの図録に建物の外観は掲載されていないが、ネット上でユニークな3棟の建物(フリーダ、ディエゴ、そしてファン自身のもの)を探すのは容易で、それぞれの異なるデザインには思わず目を奪われる。フリーダのアトリエ(ここも外壁は青色だ)とディエゴのアトリエ(外壁は赤と白のツートンで屋上はギザギザになっている!)は互いが行き来できるように屋上で繋がっているらしく、映画「フリーダ」でも実際にこの建物が撮影に使用されているそうだ。サルマ・ハエックのフリーダ役がとてもハマリ役だったのは強烈に覚えているのだけれど・・・ああ、もう一度観なければ。

現在この美術館にはフリーダとディエゴの蒐集品が展示されていて、その中から厳選されたものがこの図版に掲載されている。生命の樹、ガイコツ人形、陶器や土人形等どれも素晴らしく、掲載されているものの多くがメキシコのフォークアートだ。巻末にはそれぞれの作者(ほとんどが不明)やサイズ、材質も細かく掲載されていて資料としてもとても見応えがある。また蒐集品と関連した絵画作品も並んで掲載されている点も面白いのだが、何故か全てディエゴの作品でフリーダの作品は掲載されていない。




確かフリーダが生まれ、死を迎えたのはブルーハウスであり、石内都さんが遺品の撮影で訪れていたのもブルーハウスだ。アトリエに立つディエゴの笑顔が掲載されている事を考えても、この図版に掲載されているものはディエゴにちなんだものが中心と考える方が自然ということだろうか。ただフリーダのブルーハウスにも同じくメキシコのフォークアートが多数展示されているのは有名でその様子を見ても、2人のモノを選ぶ時の好みや感覚が非常に近く、同時に2人がメキシコをとても愛していた事は十分に感じ取れる。





アトリエにて蒐集品と自作"Retrato de Jose Antonio del Pozo"の前で笑顔のディエゴ。好きなものに囲まれて、いい顔してる。

Feb 12, 2018

It's a small world

我が家には昔からカブラの形をした小皿がある。要はカブラの白い根の部分が容れ物で葉の部分が持ち手になっている、よく見かけるタイプのものだ。その役割は主に生姜や大蒜のみじん切りを入れたり味見したりと、どちらかというと食卓よりも台所で見かけることが多い。他の小皿でも全く支障は無いのに、棚の奥にあってもわざわざ取り出すのは、カブラの小皿を使うと料理が美味しくなる気がするからかもしれない。

カブラに限らず果物や野菜の形をしたものには不思議な魅力がある。メキシコからやってきたバナナの貯金箱もその一つで、視界に入ると思わず口元が緩んでしまう。
メキシコで果物や野菜といえばペーパーマッシュ(インドやメキシコで作られる張子のようなもの)が連想されるけれど、これは陶製のもの。しかも根元が輪になっているので何処かに引っ掛けたり吊るしたりできる仕様になっているが・・・今のところその使途は不明。それにしても肝心のお金を入れる部分はかなりラフで、刃物跡もくっきりと見て取れるほどだ。

さてバナナの次はみかんの貯金箱、これは日本のもの。
表面のブツブツや(油胞というらしい)葉の具合など丁寧に作られていて日本らしい真面目さが漂う。


その他に桃とトマトとりんごも。これらはどれも貯金箱では無く、プラスチックが主流になる以前の陶製の玩具。色付けのグラデーションも美しくリアルさも増しているので、みかんの貯金箱とは年代や種類が異なるものと思われる。

日本とメキシコ、それぞれに作られた果物モチーフの貯金箱を見ていると、
言葉や気候が異なっていても人が思いつくのは同じような事であると教えてくれる。物を集める中で時々こうやってトランプゲームのように国境や時代を越えた共通項を見つけるのはとても楽しく、またしても口元が緩む。サイズ感も同じなので並べてみても違和感は全く無い。


メキシコといえばフリーダ・カーロが最初に思い浮かぶが、そういえばフリーダの作品には果物が頻繁に登場するし、彼女の最後の作品はスイカの絵だ。
スイカの貯金箱だとなかなか貯まりそうに無いので、出会える確率は低いかもしれない。

Feb 3, 2018

New Items

achikochiz shop にリトグラフとリノリウムカットを3点アップしました。
詳しくはこちらからどうぞ。
偶然にもどちらもドイツ出身のアーティストのものです。

まずは大胆な構図が印象的なドイツの Karl-Heinz Langowski のもの。
作品名は"Moderne Komposition" (モダン コンポジション)


同じ Karl-Heinz Langowski のもので、こちらはリノリウムカットの作品。
作品名は"Vorstadt"(ドイツ語で「郊外」等の意味)

リノリウムカットとは木材ではなくリノリウムを版材にしたもので、材質が柔らかいので彫り易く色が鮮やかに出る反面、エッジが立ちにくいという特徴があるそう。



最後の1枚はドイツの Rita Theis のもの。
作品名は"Auf korsika"(ドイツ語で「コルシカ島にて」という意味)

コルシカ島を検索してみると海岸に険しい岩々が並ぶ様子が現れ、百聞は一見に如かず、この作品の見方が一挙に変わります。

Jan 2, 2018

Happy New Year 2018

笑福萬来

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

(勅使河原敬 犬張子 1965)


Dec 24, 2017

The Wall and I

新年に向けてそろそろ壁面を入れ替えようと思い候補になるものを出してみたら結構な数の「入れ替え待ち」がある事に気がついた。いつか飾ろうと思ってその都度手に入れたものがそれなりの量になってしまっている。

絵や写真が飾られているのが自然な環境で育ったので、壁面に何も無い空間は少し苦手だ。今の家に引っ越した時もまず最初にしたのは空っぽの壁に前の部屋から持ってきたレンテン族の布(風呂敷)を飾ることで、居慣れない空間に見慣れた物が在るというのがこんなにも心強い事なのだと痛感した出来事だった。きっとそれは人によっては誰かの存在であったり家具であったり、はたまた香りや音楽であったりするのだろうけど、いずれにせよ自分の眼や身体に馴染んだものが側にあるというのは頼りになる。

広げた入れ替え待ちを前にしてみると、どれもまだ額装していない事に気付く。以前なら額装しないといけない、と焦るところだがここ最近自分が好きなものを気ままに貼ったり付けたりしているうちに額装へのこだわりもすっかりなくなってしまった。中には額装すると決めているものもあるけれノープランのものも多く、とりあえず今飾りたいものを先にピックアップしてみる。

まずは少しずつ集めているドイツのTHILO MAATSCH1900-1983)のスモールピース。シンプルだけれどもインパクトのある構図、しかも黒と金という強い組み合わせのはずなのに柔らかな印象で、そこがとても良い。



次の2枚は何年か前に奈良の空樒で購入した東泰秀さんの作品。確かジョルジョ・モランディをテーマにした企画展で、本来この作品には甲斐みのりさんのテキストが別紙で添えられている素敵な冊子なのだけれど、いつか飾りたくて冊子にせずに置いていたもの。車窓からの景色と宝物のように仕舞われた人形や小物、どちらもとても好きなテイストだ。




THILO MAATSCHの作品は初めから額装するつもりだったので早速細めの黒フレームで素っ気ないぐらいあっさりした額装をオーダーした。古い額縁も似合いそうだけれど、他の2枚とのバランスを考えて今回は新しいものにした。

直感で選んだ3枚に強引ながら新年への抱負を重ねるとすると、色んな場所に飛んでいき、色んな景色を見て、大切に感じるものを一つでも多く見つけていきたい、というところだろうか。

額装の仕上がりが今からとても楽しみだ。





Nov 20, 2017

CARTE POSTALE 3

まめ書房にて開催したポップアップショップ『アチコチズストア』第3弾は台風という悪天候にも関わらず多くのお客様にお越し頂き、無事終了致しました。改めてご来店頂いた皆様、ご協力頂いた皆様ありがとうございました。ポップアップショップにて初お目見えした商品は今後ネットショップにも順次アップする予定です、しばしお待ち下さいませ。

さて今回もバイヤー"A"による @calotype_fr氏のCARTE POSTALEコレクションを購入。毎回選ぶものにテーマがあるわけでは無いが過去を振り返ると登場人物が身に付けている衣類のディテールやデザイン、暮らしのかたちや様子が見て取れるものをチョイスしているようだ。どれにしようか悩むことを楽しみつつ小道具とそれを取り巻く人々との関係が気になる2枚に決定、勝手ながら「籠と3人の男」「ハリボテ写真館」と命名する。

まずはこちらを窺う怪しげな男と目が合う「籠と3人の男」。中央の箱は人ひとりがすっぽり収まる程のコンパクトさにも関わらず扉には小窓、壁面には装飾が施された「小屋」のようになっていて、ハンドルの存在でようやく籠だと認識する。がしかし、一体何処へ行く籠なのかは謎は残されていた為 @calotype_fr氏に解説を依頼、宛名面を見ると消印は1913年のもので『こんにちは〇〇さん、オーヴェルニュのクレルモン=フェランに行く途中のホテルにいます。』といった内容の文章が綴られているらしい。オーヴェルニュはフランスの中部に位置する4県から成る山や湖等の自然に富んだ地域圏で、Volvicを初めとするミネラルウォーターの水源が多く存在し、特に火山群の麓に位置するクレルモン=フェランは温泉療養地として有名なのだそうで、この事から籠はリウマチ等の疾患を持つ湯治客を施設まで運ぶのに使用されたという事が判明する。温泉療養地というとヨーロッパでは古くから存在するリゾート(滞在)型の医療施設で、フェリーニの「8 1/2」等映画でも度々登場する入浴したり飲泉を摂取しているあの場所で、特にフランスではナポレオン3世が各地の温泉地を訪れたことにより一大ブームとなったそうだ。
他、着ているものに目を移すと籠の運び屋である両脇の男性がどちらもBiaude(ビオード)を着用しているのが確認できる。これは側章入りのパンツや帽子と同じく制服だったと思われるのだが、右側の男性の方が帽子も目深に被りスカーフも巻き方が洒落ていて2者2様の着こなしなのがとても興味深い。ちなみにBiaudeといえば昨年購入したカードでもオーヴェルニュの男性がお出かけ着として着用している。籠運びの制服とお出かけ着では意味合いは違うけれど、Biaudeは今で言う所のジャケットのようなきちんとした印象を与えるものだったのではと想像する。ちなみに籠に乗っている男性の足元には木靴とストライプの布(?)が確認できる。

もう1枚は男性7人が飛行機に乗っている設定で写真に収まっている「ハリボテ写真館」。先頭の男性が握る操縦桿らしき小道具は用意されているものの、肝心の飛行機本体はあっさりというかかなり簡易的に描かれていて最後方の男性が持つハンカチもダラリと垂れ下がっており、全く臨場感を演出できていないユルさも魅力だ。年代も様々に見える7人の口元にはまんざらでもない笑みが浮かべられており楽しんでいる様子も窺える。ひとつ残念なのは全員が帽子と上着を着用しているもののディテールや素材感までは分からない事なのだが、これがカラーだったらどんなだろうかと想像するのもそれはそれで楽しい。

今回は他に"A"のブログ掲載時から狙っていたバスク織りのテーブルクロス19世紀末のフェーヴが奇跡的に残っていたので併せて購入。

2日間振り回された季節外れの台風も最終日の閉店時にはすっかり通過し、帰り道では星空まで見えるほど。終わり良ければ次回は晴れる、と心から夜空に願いました。