Aug 11, 2019

Like a Old Stone


遠くに良さそうな石仏を見つけたので意気揚々と近付いてみたが、どうも石仏では無いらしい。更に距離を縮めるけれどその正体は謎のままで、手に取ってようやく土人形だと判明した、それぐらい石仏みたいな土人形だった、姿は大黒天だ。


大黒天、というと打ち出の小槌を片手に俵の上に乗っているのが一般的な気がするのだけれど、これはどうも違う。頭上に不思議な丸い物体があるし、足元もなんだか変だ。何度見ても大黒天の顔だけは判別できるが、それ以外は何が何だか分からない。

実はこれ右足を俵に乗せ、両手で俵を担いでいる俵担ぎの大黒天なのだ。
これだけ彩色も剥がれ落ちているのにどうして正体が分かったかと言うと、実はこの少し前に別の俵担ぎを偶然手に入れていたからで、そうなると2体を並べない訳にはいかない。

ということで石仏似を持ち帰り、早速先に手に入れていた大黒天と並べてみた。


すると予想以上に大きさも似通っていて、その分違いが際立ってとても面白い。
石仏と間違えた方は左脇の下部分にかろうじて赤い色が確認できるぐらいで、その他の部分はすっかり色が剥がれている(この赤く彩色された部分は何なのか・・・腰紐?脱いだ上衣?なのだろうか・・・)。
そもそも石仏と見間違ったのは真正面からしか見ていなかった事が原因で、全体を矯めつ眇めつ見てみると土人形ならではの前後の接合部分もあるし、底の部分にも作者?所有者?らしき名前のようなものが書かれている。
それにしても土人形と分かっていてもこの剥がれ具合といい表面感といい、見事な石仏似だ。




一方彩色の残っている方は何ともコミカルな表情だ、俵を担いで重労働なはずなのになんとも余裕のある朗らかな表情。土人形と言っても様々な種類があって、同じモチーフでもとても緻密に絵付けされているのもあれば、この大黒天のようにかなりゆるい雰囲気のものもある。産地や作者それぞれに味わいがあり、それこそが土人形の醍醐味で、よってこうやってどんどん増えてしまうわけです。


2体を見比べているとどちらも本当に魅力的で甲乙付け難い。というより甲乙なんて付けなくて良いのだ、だってボブ・ディランが歌っても、ローリング・ストーンズが歌っても名曲は名曲なのだから。


Jun 23, 2019

Memory game


久しぶりに旅に出ていた。
時差ボケが無い(というか感じない)体質なのはこういう時にとても便利で、今回も日が昇れば目が覚めて、暗くなれば眠る日々だった(機中は夜と捉えている)。
この体質についてはいつでも何処でも眠れるのが最大のポイントだと考えていて、普段から電車でも昼休みでも15分ぐらいのフリータイムがあれば眠ってしまう。眠りのスイッチはいつでも側にあってそれを押せば直ぐに眠りの世界に入り込める。もしシエスタのある国に行ったらその習慣にだけは直ぐに馴染める自信がある。

なのでメキシコからやってきたこのトラケパケの小皿を見ると思わず口元が緩んでしまった、そこに昼寝仲間を見つけたからだ。

ソンブレロを被って昼寝をする男性の絵柄はメキシコのお土産物などでよく見るが、大体が仰向けで足を組んでいたり、体育座り(三角座り)の体勢が多く、うつ伏せ寝のタイプは珍しいような気が・・・。きっとよっぽど眠かったに違いない。

こちらも定番、ラバの絵柄。黒目がちな造作がそう感じさせるのか、少し寂しげでお疲れの様子だ。ベースの黒色がより一層物哀しさを強調してるような・・・。

最後はあぐらをかいて座る休憩中?の男性の後ろ姿、側に生えているサボテンの色がカラフルだ。ソンブレロと同じくメキシコと言えばのポンチョを着用している。3枚どれにも共通して言える事だが荷物を運搬するだとかのいわゆる労働的なシチュエーションでは無く、休憩中やシエスタ中であったりするおおらかさがメキシコらしいと感心してしまった。まあ他の国に目を向けてみると、呑んべえが描かれた絵皿もあるのだからシエスタ中なんて可愛いものかもしれない。

トラケパケはお隣のトナラと共に民芸品の生産が盛んな地域で、この絵皿もおそらく土産物用で現代のものというより少し古いものだろう(裏面には緩い筆致でmexicoとだけ刻印されている)。それにしても日本の焼き物ではあまり見られない色と組み合わせは、当然ながらおにぎりやお醤油よりもタコスやチリソースが似合うように出来ている。日本のものなら、おかきだとかの乾き物を載せても相性が良さそうだ。

トラケパケについて調べていたら今回の旅で見かけたのと同じ色とりどりの傘を飾り付けた風景を見つけた(毎年期間限定で傘や浮き輪を飾っているらしい)。単なる偶然なのだけれど思わぬところで同じ絵柄のカードを引いたような気分になって、またしても口元が緩んでしまった。




Mar 8, 2019

5 happy men


目が合った瞬間に「桔梗屋だ」と思った。そう、一休さんに登場するあの意地悪な桔梗屋である。今年最初に訪れた骨董市で、恭しく頭を下げている割に不敵な笑みを浮かべ、ガラスケースの上に鎮座していた彼を見つけた時、その名前が頭に浮かんだ。見覚えのあるシルエットと福の紋で福助だとは分かるのだが、これまで見てきた福助とは少々異なる。年代や詳しいことは不明なこの福助氏、表情とは裏腹に哀愁漂う後ろ姿が特に気に入っている。



随分前、最初の福助を求めた時に「昔の福助ほど可愛くない、近年になるほど可愛らしくなる」と教わって以来少しずつ集めているけれど、集めれば集めるほど表情に大きな差があることに気づく。




記念すべき最初の福助がこちらの方。多くの人に撫でられたのか、すっかり頭部は剥がれていて決して状態の良いものではないけれど、穏やかな表情とすすけた顔にシンパシーを感じて連れて帰ってきた、明治のもの。


おちょぼ口で全体的に可愛らしくなっている彼は昭和のもの。目元には赤いラインが入っているおかげでおじさんというよりおばさん風。我が家にいる福助の中で福紋がどこにも入っていないのは今のところ彼だけだ。


こちらも昭和のもの、更に表情はデフォルメされ目はよりパッチリと福耳も最大級になっている。光沢もあり血色の良さそうな彼は貯金箱になっているもので、昭和でも30年代ぐらいの最近のもの。



この方も最近のものと思われる拝み福助。後ろから見るともはや丸っこい物体の何かにしか見えないのが面白い。正面できちんと揃えた両手がキュートだ。



こうやって一堂に会すると「桔梗屋」が一番小さいくせにやたら堂々としていて、しかも彼だけ裃が赤色で特別感がある。こうなると桔梗屋というよりご老中のと呼ぶ方が相応しい気が・・・。

福助といえばビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に登場している姿も堂々としたものだ(確か彼の前には白雪姫の人形がいる)。有名な人々に囲まれながら恭しく頭を下げている福助氏ではあるが、その彼も実は不敵な笑みを浮かべている事を見逃してはならない。


Jan 3, 2019

The World's End


2019年が始まったばかりなのに、新年に相応しく無いタイトルになってしまった。

ワールズエンドというのは先日観たイギリス映画のタイトルで、学生時代に達成できなかった「パブ12軒を一晩でハシゴする」というイギリスらしい偉業(?)を達成するために20数年ぶりに集まった中年5人組の話だ。後半になるとストーリーは思わぬ方向に進むのだけれど、監督がエドガー・ライト、そして「宇宙人ポール」の2人が出ているとなるとむしろそれも自然で、次々と出てくるビールを彼らが苦しそうに(たまに美味しそうに)、時に仇のように飲んでいる姿を楽しみつつ少々親近感も覚えながら鑑賞した。

酔っ払いといえば、オランダのROYAL SPHINXの絵皿だ。
直径11cmの中に描かれた飲んべえ達はそれぞれ酒の種類も違えば、職業や年齢も異なる。


まずは左のポケットに手を入れた労働者らしきおじさん、手には酒の入ったグラスと傍らにはボトル。下部には” Le vin ordinatre “の文字があるが、これは「『普通の』テーブルワイン」の意味。くわえたパイプと斜めにかぶった帽子で仕事終わりの開放感を感じさせるこの男性、首元のスカーフと上着のシルエットにどこか見覚えがあると思ったら、ここ数年少しずつ集めているフランスの古い写真ハガキ CARTE POSTALE の登場人物と服装がとても似ていることに気づく。スモック風な上着はまさにBiaude(ビオード)で、ROYAL SPHINXはオランダの陶磁器会社だが、こんなところで共通項を見つけるのはとても楽しい。

次は不思議な帽子を被った若者?である。彼の傍らにはピッチャーらしき酒壺があり、下部には”Le Cidre”の文字でこれはシードルの意味だ。ベストと側章入りのパンツ、足元には木靴と大道芸人のようにも見えなくは無いが、ご陽気な表情でさぞ今宵の酒はうまい事だろう。見事なまでに半分に割れて継がれているのはご愛嬌。



上の元気そうな若者とは打って変わって次は髭面のおじいさん。服には当て布が施され、帽子もヨレヨレで背後に置いた籠にまで補修の跡が見える。何かの行商人なのかもしれないが、テーブルにはボトルやピッチャーは見当たらず、小さな陶器のカップのみ。”Eau-de-vie”は直訳すると「命の水」となり、これは薬酒として使われていた蒸留酒やブランデーを指すらしいのだが、遠くを見つめるおじいさんの険しい表情に命の水という取り合わせがなんだか切ない。



お次も髭面のおじいさんだが、こちらはどちらかというと紳士風。パイプをくわえ、テーブルを背にしたその姿勢は先程のブランデーのおじいさんとは少々印象も異なる。
さてこの老紳士のテーブルに置かれた酒は”L’Absinthe” ことアブサン。アブサンも元は薬酒だったそうだが、禁断の酒や悪魔の酒と呼ばれた事から想像出来る通り中毒者も多く、その数が増加し過ぎて一時期製造中止にもなっている。それにしてもテーブルに置かれた酒瓶の下に向かってやや傾斜するシルエットはまるでコンプラ瓶を思い起こさせる。コンプラ瓶といえば東インド会社が長崎からオランダやポルトガルへ酒や醤油を輸入していた際に使用していた物なので、その空き瓶を再利用したり模倣したりしても何ら不思議ではない。またその隣に置かれた酒器も脚のついた変わったデザインで、調べてみるとアブサンには幾つか飲み方があり、アブサンスプーンと呼ばれる平たいスプーンに角砂糖を乗せ水を注いで溶かし垂らす飲み方があるらしい。この絵皿にアブサンスプーンは見当たらないが、もしかすると当時からアブサン用の酒器というものがあったのかもしれない。



今はもう手元に無いのだけれど、他にも"Pale ale"(ペールエール)と"Le Rhum"(ラム)の種類があって、前者は傘(酒も持ち物もイギリスらしい)とガイド本を持った紳士、後者は葉巻を手にした労働者らしき男性が描かれていて、どれもバラエティに富んだ楽しい酔っ払いのシリーズだ。

と、新年早々酔っ払いばかり紹介してしまったがお正月といえば祝い酒、という事でお許しいただきたい。

この1年、美味しくお酒が飲めますように。

本年も何卒よろしくお願い致します。


Nov 18, 2018

See you next time!!

第4弾 出張ブロカント『アチコチズストア』は無事に終了致しました。

ご来店いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、気持ちで参加いただいた皆様、
誠にありがとうございました。

次回も同じ頃に開店予定です。

今回のポップアップストアで初出しした物は今後ネットショップにて販売予定です。

今後ともACHIKOCHIZをよろしくお願い致します。



Nov 10, 2018

ただいま開店中

神戸・岡本の「まめ書房」にて4回目となる出張ブロカント『アチコチズストア』が11月10日(土)&11日(日)オープンしています。

アチコチズの"A""C"がこの1年見つけたものを中心に取り揃えた2日間だけのポップアップストア。色んな国の色んな選りすぐりを用意して皆様のお越しをお待ちしております。
お近くにお越しの際は是非ともお立ち寄りください。








ー出張ブロカント『アチコチズストア』ー
会期:20181110日(土)ー11月11日(日)
会場:まめ書房ギャラリー
住所:神戸市東灘区岡本1-12-26 マンション藤105
    (阪急岡本駅 徒歩3分・JR摂津本山駅 徒歩5分)
時間:11時から19
*お支払いは基本的には現金のみとさせていただきます。



Oct 6, 2018

Catch me if you can


飛行機を身近に感じる環境で育ったので、今でもエアラインものを見るとついつい反応するのはもう逃れられない運命だと思っている。授業中、飛行機の音が聞こえる度にどの航空機が飛んでいるのか(こっそり)サインで伝達するのが小学校では流行っていたし、航空会社の種類や機体の型を沢山知っているだけで皆から一目置かれたものだ。なので今でも飛行機の音を耳にすると、自然とその姿を目で追ってしてしまう。

当時飛行機好きの仲間にはそれぞれに推しの航空会社があり、個人的なお気に入りはルフトハンザだった。ベースの濃い青色にどーんと黄色の円、その中央に左上を向いて飛ぶ鶴のマークが配されていて特に翼のデザインが格好良くてとても好きだった。同じ青×黄でもシンガポール航空のは意匠が強すぎてあまり好きではなく、シンガポール航空推しの友人とどちらが格好良いか言い合ったのを良く覚えている。またドクターイエローのように、見ると良い事があると言われていたのがタイ航空で、今考えると単に便数が少なかっただけなのだろうけど、次はどれが飛ぶのかと全校集会でも授業中でもソワソワと頭上を気にしていたものだ。

あの頃の自分にオリンピック航空について尋ねてもきっと首をかしげるだろう。何故なら当時日本にはオリンピック航空は就航しておらず、その存在すら知らなかったからだ。
あれからかなりの年月が流れ、ようやくオリンピック航空の存在を知ったのは機内食用のトレーがきっかけだった。それはメラミン素材で出来たシンプルで美しいデザインの食器なのだけれど、何よりもどれも少しだけ色がくすんでいるのが気に入っている。



このシリーズには製造元が幾つかあるようで、今回集めたものにはイギリスのDISPOWEAR社と日本のノリタケのものが存在している。

"NORITAKE JAPAN"の刻印は小さく控えめに。

こちらは"DISPOWEAR LONDON"と大々的に。

これは社名は無く"6"か"8"の刻印のみ。緑というより抹茶色なのが良い。

調べてみるとノリタケは1961年に日本で始めてメラミン食器を製造しており、その後他社に製造・販売を引き渡しているようだ。メラミン食器の材料となるメラミン樹脂自体は1938年にスイスで誕生していて、第二次世界大戦中にアメリカ海軍に使用されたのがきっかけで世界に広まったらしい。

機内用のアイテムは航空会社によって雰囲気も大きく異なり、それぞれの特徴を知るのはとても楽しい。あの頃は尾翼のマークに一喜一憂していたが、今ではその周辺に使われているあれこれにも一喜一憂しているわけだ。(11月に開催するポップアップストアではこのメラミントレーのシリーズを含め幾つかエアラインものを販売する予定です。)

もしタイムマシンがあるならば、あの頃の自分に会いに行って自慢気にこう話すだろう。
「オリンピック航空ってあるんやで。しかもマークは五輪ではなく六輪やねんで。」と。